融資額

不動産担保における融資額は何によって決められているのでしょうか。

通常の場合、「不動産評価額」という市町村の基準に基づいて決められます。これは、総務大臣が定めた基準を基に、知事または市町村長が決定するもので、固定資産税や不動産取得税を算出する基準にもなっているものです。

実際の売買価格より低く、一般的には土地なら実際の価格の70%くらい、建物なら建築費の50%〜70%くらいといわれています。

破産などして住宅が競売にかけられたときは「評価額」の半分くらいの価格で売りに出されます。

不動産担保ローンではこの評価額の80%程度を上限にするところが多いようです。例えば、1千万円と評価された家を担保にお金を借りるときは、800万円まで借りられる、という具合です。金利が低い会社ほど上限額が低くなる傾向があります。

目的で探すビジネスローン

  • おまとめローン
  • 銀行ローン
  • 即日ローン
  • 低金利
  • 総量規制対象外
  • 主婦
  • パート・アルバイト
  • 審査に不安な方