申込みの流れ

銀行で不動産担保ローンを申し込むときの基本的な流れをご説明しましょう。細かい点は金融機関によって異なりますので詳細は実際に行って確認してください。

まずはじめに、銀行の窓口に行って相談します。そこで担当者から融資についての案内を受け、担保にする不動産についてや、資金の使い道などについて簡単な質問を受けます。

実際に借りるとなったら、仮審査の申込みをします。個人情報に基づいて比較的簡易な審査が行われます。

仮審査を通過すると正式な審査の申込みです。
指示された書類を全て揃えて提出します。

正式審査は提出した書類を基に行われるのですが、これと合わせて申込者との対面審査と、担保に入れる不動産の現地調査が行われます。(多額の融資ですからここは金融機関としても慎重になり、何重にもチェックします。)

めでたく正式審査を通過すると、契約書を取り交わし、晴れて融資ということになります。

申込み、審査、契約にはそれぞれいろいろな書類の記入や捺印が必要になります。それらのうち一つでも不備があると手続きが止まり、そのぶん融資実行も遅くなります。書類と印鑑は漏れがないようにしっかり確認しましょう。

目的で探すビジネスローン

  • おまとめローン
  • 銀行ローン
  • 即日ローン
  • 低金利
  • 総量規制対象外
  • 主婦
  • パート・アルバイト
  • 審査に不安な方