担保融資のデメリット

不動産担保ローンの一番のデメリットは、何と言っても借りたお金を返せなくなった場合、担保に入れた不動産を失ってしまうことです。

不動産担保ローンの契約をすると、担保に入れた土地や建物に抵当権または根抵当権の設定登記を行います。これにより、融資した額を借入人が返せなくなった場合、融資元は担保に入っている不動産を売り、その販売代金で債権を回収します。

金が返ってこなくなったら担保の不動産を売って回収すればいい。だから低金利で融資をしてくれるのです。

でも、担保の不動産の価値がいつも同じではありません。場合によっては、価値が下がり、売りに出しても返せなくなった金額に満たないこともあります。そうすると借り手は不足分を更に請求されることになります。お金を借りられるのはいいですが、非常に恐ろしいリスクを背負っているということを忘れてはなりません。



目的で探すビジネスローン

  • おまとめローン
  • 銀行ローン
  • 即日ローン
  • 低金利
  • 総量規制対象外
  • 主婦
  • パート・アルバイト
  • 審査に不安な方